新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

薬剤師向け

九州がんプロフェッショナル養成プラン がん専門薬剤師養成インテンシブコースを修了して
鹿児島大学病院薬剤部
牛山 美奈 薬剤師

がんに対する高度で専門的治療を提供するためには、専門性の高いチーム医療の実践が必須であり、医師、看護師とともに医療チームの一員として薬剤師は、薬剤の払い出し・調製だけでなく、各がん種の標準的治療に精通し、医師から提出された処方の適格性を評価することが求められています。本講座では、当院において最前線で基礎的および臨床的がん治療に取り組まれている医師の講義により、がんの疫学、診断、病期分類、標準的治療および最新の知見について体系的に学ぶことが出来、がん専門薬剤師認定試験の受験の際には大変参考になりました。また、がんに関する分子生物学の分野もがん専門薬剤師認定試験の出題範囲となっており、分子生物学は勉強する機会が少ない中、本講座の講義により分子生物学についても詳しく学ぶことが出来、これまで以上にがん化学療法に対する深い理解を得ることができました。

本講座の受講で得られた知見を今後のがん治療に生かし、安全で効果的ながん治療に貢献したいと考えています。