新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

医師向け

長崎大学 がん専門医師・歯科医師養成コース 令和2年度修了者
現職 独立行政法人国立病院機構 長崎医療センター 放射線科・医師
大塚 哲洋(長崎大学) 医師

私は、2020年度(令和2年度)に、長崎大学の「がん専門医師・歯科医師養成コース」を修了しました。

 

私自身は放射線科読影医として従事しながらの社会人院生でしたが、がんプロではe-leaningでの講義が豊富であり、無理のない学習プランを構築可能でした。また、単純に読影医として働くだけでは縁遠くなりがちな分野、外来化学療法や緩和ケア、訪問診療などに携わることができ、同分野の先生方と交流できたことも個人的に大変貴重な経験となりました。

 

がん治療はがん遺伝子パネル検査をはじめ、ゲノム医療という現在新しいステージに入っており、これまで以上に複雑化・細分化が進むと思われます。今後も本コースで学んだ内容を活かし、最先端の医療に携わっていければと思っております。

 

(2021(令和3)年8月掲載)