新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

看護師向け

九州がんプロフェッショナル養成プラン がん看護専門看護師コースを修了して
医療法人福西会 福西会病院
高木 良重 看護師

平成23年にがん看護専門看護師コースを修了しました。大学院ではがん看護の基盤となる病態や治療、看護理論や教育原理などを学び、これまでの臨床経験を見つめ直す機会となりました。また、専門看護師に求められる役割(高度な看護実践、相談、調整、倫理調整、教育、研究)を踏まえた実習では、看護師をはじめとした医療メンバーと共に患者さんや家族が抱える問題を解決するための支援を行ってきました。患者さんや家族の状況を捉え、「その人らしく人生を全うする」ために、あらゆる資源を活用しながら取り組んでいくことの意義を学びました。このような経験を生かし、問題解決にとどまらず、相手を理解することを目指してがん患者さんや家族と向き合うようにしています。「今できること」を考えながら、仲間である看護師と共に患者さんや家族が悔いのない時間を送れるように支えていきたいと思っています。