新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

看護師向け

九州がんプロフェッショナル養成プラン がん看護専門看護師コースを修了して
千葉県がんセンター
高橋 純 看護師

平成23年にがん看護専門看護師コースを修了しました。大学院では、がん看護に必要な専門的な知識・技術を習得しました。実習では、がん看護専門看護師に求められている看護実践、コンサルテーション、コーディネーション、倫理調整、教育的機能の役割を学びました。現在、私はがん専門病院でがん看護専門看護師の認定審査に向けて外科・整形外科病棟に勤務しています。手術療法、化学療法、放射線療法、がんリハビリテーションなど様々な治療を受けるがんサバイバーや家族の抱える解決困難な課題や複雑な問題に対応できる力を養うために、寄り添うこと、傾聴すること、共感的姿勢を大切にしています。また、がん患者と家族を全人的に捉えられるように、がん看護を行う上で基盤となる看護理論やモデルを活用して全人的苦痛の理解と苦痛緩和を図りたいと考えています。さらに、患者ががんと向き合いその人らしく生きるために、どのような支援ができるのか探求しながら質の高い看護の提供を目指しています。