新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

薬剤師向け

九州大学・がん専門薬剤師養成コース 平成30年度修了者
九州大学大学院薬学研究院・薬剤学分野 特任助教
鶴田 朗人 薬剤師

私は2018(平成31)年度に、九州大学大学院薬学府の「がん専門薬剤師養成コース(博士課程)を修了しました。

 

私は、博士課程でがんに関する研究を行っており、臨床現場でのがん治療についての専門的な知識を身につけるために受講しました。「九州がんプロ養成基盤推進プランコース」ではe-learningでの受講も可能であり、実験などで忙しいときでも自分のタイミングで専門的な知識を身に付けることができました。また、年に1度開催される全体研修会では、様々な職種の方々が集まり症例検討などディスカッションをすることで、それぞれの職種の専門的な視点からの意見や考えに触れることができ、大変貴重な経験となりました。

 

現在、私は九州大学薬学研究院で特任助教としてがんに関する研究を行っています。基礎研究ではありますが、常に臨床を意識して研究を遂行し、いつの日か研究成果が臨床現場にフィードバックできればと考えております。

 

最後に、お忙しい中ご指導頂いた先生方に心より御礼申し上げるとともに、九州がんプロ養成プランのますますのご発展をお祈り申し上げます。

 


(2019(令和元)年8月掲載)