新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

医師向け

鹿児島大学・僻地・離島医療専門医療人養成コース 平成28年度修了者
現職 鹿児島大学病院・消化器外科医(留学中)
貴島 孝 医師

私は平成28年度に、鹿児島大学の「がんプロコース」を修了しました。消化器外科医として働く上で、癌の患者さんの手術、治療を行うことが多くなりました。また、Cancer boardなどにて他科の癌症例を学ぶ機会も増え、もっと深く癌について学びたいと思うようになりました。がんプロでは自分の専門以外の癌の治療法や最新のTopicについて学ぶ機会が多々あります。また、自分の専門以外の医師、薬剤師、看護師とDiscussionをする場があり、多職種の方との交流を持つことはチーム医療を行う上で大変役に立ちました。

 

現在、私はアメリカのペンシルベニア大学に基礎研究者として留学しています。研究テーマは「食道上皮におけるミトコンドリア異常について」と、「食道癌の三次元培養について」です。ペンシルベニア大学には世界中から多くの研究者が集まり、基礎医学に対する新たな知見を得るため多くのDiscussion、Lectureがあります。基礎研究はとても時間がかかり、うまく結果が出ないことも多々ありますが、この研究の中で少しでも新たな発癌機序の解明、新たな創薬につながるヒントがないか、日々悪戦苦闘しながら研究を進めています。

 

今後は残りの留学期間に自分の研究テーマを進め、少しでも癌領域における基礎研究へ貢献できるよう努力していきます。また、日本への帰国後は、癌の治療に取り組んでいきたいと考えています。

 

(2018(平成30)年9月掲載)