新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

医師向け

福岡大学・がん専門医療人指導者コース 平成29年度修了者
現職 福岡大学医学部皮膚科学・講師
柴山 慶継 医師

私は平成29年度に、福岡大学の「がん専門医療人指導者コース」を修了しました。もともと、皮膚悪性腫瘍を専門とし手術から化学療法まで行っていました。「がんプロ」に入った理由として課程博士取得という目的もありますが、さまざまな他領域のがんやその治療法などについての知識を習得し、oncologistとして幅広い視点を持ちたいと考えたからです。

 

九州がんプロには非常に多彩で豊富なeラーニングがあり、自分の時間がある好きなときにいつでもPC上で色々ながんや治療、緩和ケア、統計学まで様々なことを学ぶことができ非常に有意義なものでした。

 

がんプロの最終目標は学位取得ですが、最初の2年ほどは自分自身で立案し作成した研究計画書のもと研究をすすめデータを解析し、残り2年で論文を作成し無事、学位取得しました。

 

現在も福岡大学皮膚科で皮膚悪性腫瘍の診療をメインに忙しいながら充実した毎日を送っています。今後の目標は、自分につづく皮膚悪性腫瘍医を育てることです。

 

 

(2018(平成30)年9月掲載)