新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

医師向け

大分大学・地域がん医療専門医療人養成コース(インテンシブ)平成26年度修了者
現職 大分大学医学部附属病院 腫瘍内科・病院特任助教
西川 和男 医師

私は、平成26年度に大分大学の「地域がん医療専門医療人養成コース(インテンシブ)」を修了しました。

 

私は平成24年より大分医学部附属病院の腫瘍内科へ入局し、同年より本コースを履修することとなりました。履修するメリットとして、自分自身のがん医療についての専門性を高めるだけでなく、院内のがん診療を行う他職種との連携や、県内・外の他のがん診療施設との連携について、主に研修会を通じて経験や学習を積む機会に恵まれました。がん診療は医師以外の医療スタッフの役割が重要となっており、医学部や初期研修期間では、がん診療と多職種連携について具体的に学ぶ時間は少ないように感じます。がん診療を行う上で、多職種連携、地域連携についてがんプロを通じた研修は、今後も意義は大きいものと考えます。

 

現在、私は大分大学医学部附属病院の腫瘍内科で勤務しており、主に消化器がんと呼吸器がんの患者さんの、薬物療法を中心とした診療を日々行っています。引き続き、がん医療における院内の多職種連携と、地域連携の推進につき教育と実践を重ねることで、県のがん医療の質の向上を考えていきたいと思います。

 

(2018(平成30)年7月掲載)

研修会での一枚