新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

看護師向け

長崎大学・がん看護専門看護師養成コース 平成26年度修了者
現職 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター・看護師
寺尾 敦 看護師

私は、平成26年度に長崎大学の「がん看護専門看護師養成コース」を修了しました。受験を決心した時には【専門看護師の役割】について十分に理解することは出来ておらず、より深い知識を身に付けたい、看護の質を高めたい、という思いが強かったことを覚えています。しかし、大学院で学びを深めるなかで、ただ知識を得るというだけでなく、援助者としての他者との向き合い方や、自分の考えを他者に伝える能力など専門看護師として役割を果たすために不可欠な能力についても学ぶことができました。

 

現在、私は総合病院の消化器外科・乳腺外科病棟で手術を受ける患者さんの看護に携わっています。月に10日程はがん看護専門看護師としての活動日を設けており、外来でのがん告知や、若年者がん患者の妊孕性に関わる治療選択、患者・家族間で意見が異なる際の意思決定支援、多職種で検討が必要な倫理的課題等の解決困難な事例に関して介入の依頼を受け、組織横断的に患者さんと関わる機会を得ることができています。大学院で学んだ知識や経験を、看護実践の場で活かすことができた時には、改めて貴重な2年間であったと思うと同時に、これからも実践を通して役割を開発していかなければならないと日々努力しています。

 

がん罹患者数が増加の一途を辿る現代では、個々人ががんをより身近なものとして認識する必要があります。今後は、地域でのがんに関する啓発・教育活動等にも力を入れ、いざという時の意思決定が十分な理解の上で行うことができるように働きかけていきたいと考えています。自分の目の前の出来事だけでなく、より広い視野で役割発揮することを目指したいと思います。

 

(2018(平成30)年7月掲載)